ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
"> 家の不用品を売却する(ヤフオク、アマゾン、メルカリ)|お金がないときの対処方法(金策)
ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
" >
売る

家の不用品を売却する(ヤフオク、アマゾン、メルカリ)

短期的もしくは緊急にお金が必要になってしまった場合、キャッシングに借りるのが一番早くて確実です。
ただし、返済が発生するので、お金を借りることについて、抵抗がある人は家にある不用品を売るというのが次に確実な方法だと思います。

 

できるだけ早くお金を集めるのに最も手っ取り早いのは、家の不用品を売却する(ヤフオク、アマゾン、メルカリ)という方法です。

 

ブランド物は状態によってはかなりの金額で売れますし、使わなくなったゲームや衣類、本に家電なども出品することができます。

 

一般的なリサイクルショップでは二束三文にしかならないことが多いですが、オークションや値段を指定して売却できるフリマサイトなどでは高値で売れることもあります。

 

少しでも高く売るために、インターネットを駆使して中古市場での価値をチェックしておきましょう。この他、親や兄弟、友達にお金を借りる方法もありますし、家や車を担保にお金を借りる方法もあります。

 

ただ、自分の周囲の人たちからお金を借りるのは気分的にかなりハードルが高いですし、貸してくれと言われた方も困ってしまいます。

 

万が一返済できなければ大切な親族や友人を失ってしまいかねないので、借りる際にはくれぐれも慎重になりましょう。

 

家や車を担保にする場合も、返済できなければ当然それらを差し押さえられてしまいます。

 

車はまだしも家を失っては大ごとなので、できれば最後の手段にしておきたいところです。

 

緊急と言っても少しは日数に余裕があるなら、キャッシングにお金を借りるだったり生活福祉資金貸付制度または生活保護を申請するという方法もあります。

 

これらは審査に時間がかかることもありますし、必ず利用できるという訳ではありませんが、審査に通りさえすればまとまったお金を準備できるので非常に頼りになります。特にキャッシングは、一度審査に通れば限度額まではいつでも自由に借りることができますし、コンビニのATMなどから借りたり返済することもできるので利便性も高いです。

 

その分金利が高かったり借りられる上限金額が少ないこともありますが、いざという時に備えてあらかじめ利用申し込みをしてキャッシング用のカードを作っておくと良いでしょう。

 

キャッシングは利用者の年収などに応じて利用限度額が異なるので、あまり年収が無かったり雇用形態が不安定な人、過去に金融関係のトラブルを起こしたことのある人などは審査を断られることも多いです。

 

必ずしも利用できると決まっているわけではないので、当てにし過ぎないように注意しておきましょう。