ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
"> 潜在意識を活用する|お金がないときの対処方法(金策)
ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
" >
潜在意識

潜在意識を活用する

お金がない状況に陥ると、お金のことばかりを考えてしまいがちですが、そもそも何故お金が足りなくなってしまったのかを考えることも大切です。

 

これを考えずに日々を繰り返していると、今を乗り切ったとしても遠からず再びお金が足りない事態に陥ってしまうでしょう。

 

根本からこの状況を変えるためには潜在意識や生活習慣、自分の考え方や口にしていることなど、ありとあらゆる面からお金に関する現状を打破していかなければなりません。

 

まず考えたいのが、自分の潜在意識です。

 

その人の考え方や行動は、全てこの潜在意識によって無意識に左右されています。

 

お金が足りないと嘆いている人の場合、潜在的にお金を稼ぐのが面倒くさい、計画的にお金を使うのが苦手、いちいちお金のことを気にしたくないなど、ネガティブな潜在意識が働いていると考えられます。

 

お金が足りなくなる悪循環を断ち切るには、まずこの潜在意識を改革し、考え方や話す言葉をどのように変えていくかが重要となります。

 

潜在意識が変わればお金を浪費したり収入を得られない言動を変えることができ、将来的に安定した収入や貯蓄ができるようになります。

 

そのためにも、まずは自分の生活習慣や考え方、行動を見直すことが必要です。

 

その上で、お金がない人に共通する特徴とお金がある人に共通する特徴のどちらに近いかをチェックしてみましょう。

 

当然ですが、お金がない人に共通する特徴の方に近いはずです。

 

計画が苦手だったり楽天家、ストレスに強く友達が少ないなどの特徴がある場合、残念ながらそのままではお金が溜まっていかないでしょう。

 

お金がある人というのは、その逆の特徴を持ちます。

 

計画的で慎重、ストレスに弱いため何事もよく調べたり対策を練るなど、いかにもお金が溜まりそうな特徴です。

 

潜在意識から変えていくためには、こういったお金がある人に共通する特徴を意識して生活することが大切です。

 

お金が溜まらない特徴に従った言動をしていると、マーフィーの法則のように常にネガティブな悪循環から抜け出せなくなってしまうでしょう。

 

マーフィーの法則とは、失敗する可能性があるものを敢えて選び、結局失敗してしまうという経験則を皮肉を込めて言ったものです。

 

お金が溜まらない人の場合、無意識にこのマーフィーの法則のようにお金に関して失敗を繰り返している可能性が高いと言えます。

 

ネガティブな言動はネガティブな結果しか招かないので、お金がないと嘆くのではなくお金が溜まるように言動を変えることが重要です。