ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
"> 節約してお金を作る|お金がないときの対処方法(金策)
ここに商品やサービスの画像(横300px以下)を入れる ここに商品やサービスの簡単な説明文を入れる
" >
節約

節約してお金を作る

今すぐお金が必要なわけではないけれど、子どもの進学資金や結婚資金、マイホーム資金など長期的かつ継続的にお金が必要になることもあります。

将来的なお金のことを考えるのはつい後回しにしてしまいがちですが、長期的にお金が必要ということはそれだけ出費が大きいということを意味するので油断は禁物です。

いざお金が必要になった時に準備できず大変なことになってしまうので、計画的に支出を減らして貯蓄に回すなどの対策が必要になります。

対処法としてまず考えなければならないのは、車など継続的に経費がかかるものを売却するということです。

都心部や交通の利便性が良い地域に住んでいる人の場合、通勤に必須でもなければ車は意外と無くても問題ありません

。車は意外と維持費が高く、毎年の自動車税に保険料、ガソリン代や2年に1度の車検費用など非常にお金を必要とします。

ごく一般的な乗用車の場合、自動車税は約5万円、保険料は安いダイレクト通販型でも約5万円、ガソリン代は少なく見積もって約4万円、車検費用は1年あたり約10万円前後はするでしょう。

1年に約24万円もかかっており、大型車や頻繁に車を使う人なら更に高額になります。

これを売却してしまえば、毎年24万円以上が浮くことになります。

5年経てば約100万円、10年経てば約240万円ほど貯蓄することができるでしょう。

これだけ貯蓄できることを考えれば、必要性が高くないのに経費がかかるものは売却したほうが絶対に賢明です。

この他、日々の生活で余計な支出を減らす(節約をする)のは言うまでもなく、家賃や安いところに引っ越すというのも有効です。

一般的に賃貸物件や住宅ローンの場合、年収の3割以下に抑えるのが理想的とされています。

月収30万円なら10万円以下に抑えるのが良いのですが、それ以下でももちろん問題ありません

。少し郊外の物件にすれば同じ広さやグレードで一気に値が下がることもあるので、家賃が高めの物件に住んでいるなら引越しを検討してみましょう。

既に借金をしている場合は、弁護士などに相談して借金を減らす(債務整理)ことも重要です。

弁護士の腕次第ではありますが、借金を減額したり返済期間を延ばしてもらったりできるので、日々の支出を減らすことができます。

大切なのは、自分の家の経済状況に興味を持ち、収支と支出を把握することです。

見落としていた余計な支出を見つけることができるので、長期的な節約に大いに役立ちます。